sekuda

大愛知県在住のイラストレーター。映画が好き。
主にインターネットを中心に活動しています。
最近では書籍の装画、Web広告などを手掛けています。

Instagram

INTERVIEW

絵を描き始めた経緯

中学生の頃に『進撃の巨人』のアニメを見て感動したことがきっかけです。

あんなふうに自由に絵を描けるようになりたいなと思い、筆を執りました。

なぜ、絵を描いていますか?

絵を描くのが好きだからですね。

それと、美しい景色や良い作品を見て心が揺れた時、いちばん最初に「絵を描きたい」という衝動に駆られるので毎日絵を描いています。

制作において大事にしていることは?

今描ける絵は今しか描けないので、現在の自分が何を感じ何を考えているのかをイラストにのせていきたいと思っています。

現在のスタイルはどうやってできましたか?

もともと映画や海外ドラマが好きでファンアートをよく描いていたのですが、

そのさいに「この作品の魅力を最大限に出すにはどうしたらいいんだろう?」と試行錯誤してた頃の影響が大きいです。

それに自分の好きな要素や表現方法をどんどん加えていって、現在のスタイルにたどり着きました。

初めてDiGAROを知ったときの印象は?

以前からフォロワーさんが企画に参加されていて「面白い試みをしているなぁ」という印象を受けていたのですが、

今回まさかお声がけいただけるとは思っておらずとても嬉しかったです。ありがとうございます。

こうしてデジタルでイラストを描く人たちの活動の場が広がっていくのはすごく良いことだなと思います。

今後の展望

書籍の装画のお仕事をしたいですね。

映画を見るのが昔から好きなので、何らかの形で映画に関わるお仕事もいつかしてみたいです。

自分自身の目標としてはもっと好きなものを突き詰め、興味の幅を広げてワーアップしていきたいと思っています!

作品一覧

DiGAROではデジタル原画や直筆サイン入りプリント作品をご購入いただけます。

デジタルアート作品

2022/3/19

「成立ち」

作品番号 WA-0021-0001|2022年|sekuda

作品をみる

デジタルアート作品

2022/3/19

「赤」

作品番号 WA-0021-0002|2022年|sekuda

作品をみる

デジタルアート作品

2022/3/19

「花」

作品番号 WA-0021-0003|2021年|sekuda

作品をみる

デジタルアート作品

2022/3/19

「数えると増えるよ」

作品番号 WA-0021-0004|2021年|sekuda

作品をみる

デジタルアートの価値とは?

Copyright© DiGARO , 2022 All Rights Reserved.